森本です

E90のエンジン不調です。特定のシリンダーだけ失火。コイルとプラグを入れ換えても同じ箇所の失火でしたので残るインジェクターも入れ換えて点検。失火するシリンダーが入れ替わったのでインジェクター不良が確定。インジェクターは固く刺さっていて簡単に外れないので特殊工具(SST)が必要です。森本は使いませんけど。

このインジェクターはピエゾ式で精密機械なのです。1本5諭吉さん以上もしますので6気筒であれば・・・・凄いですね(笑) ある程度走行した車両は直噴エンジン宿命でこのインジェクターが相当汚れて劣化しています。洗浄不可能なのです。よって本当は全部変えるべきなのですが今回は1本だけ交換。

交換して「はいOk」ではありません。インジェクターの噴射量を調整する必要があります。調整というか係数を打ち込んで車両と同期させるのです。テスターがないと出来ない作業です。こんな感じで読み出します。今回は五番を変えましたので五番の「579222」を変更します。

こんな感じで新品のインジェクターの数値「585211」と打ち込んで車両に保存してようやくインジェクターは仕事してくれます。

現在の車(とくにBMW)はパーツ交換でプログラミングはコーディングが必要なので非常に面倒です。それをしないとパーツが動かないのです。パーツ交換でテスターを繋いで読み取ったり打ち込んだり・・・と、なんだか近代的でカッコいいイメージです。

が!! 個人的に本音を書くとプログラミングやらコーディングなど全くカッコよくありません。なぜなら近年の車はユニットの類いやら何やらが昔と比べてすぐ壊れるからです。簡単に壊れて交換も面倒なんていうのは進化していないどころか退化しているようなものです。80年代、90年代の車の方がタフで修理が簡単にできました。確かに現代の車は多機能になり快適で足回りのガタやオイル漏れなどのアナログ的な故障は無くなってきていますが、シャシ以外の電装系の中身が車のパーツとして重要な要素である振動、衝撃、熱、温度変化などに対応できていないというか、機能に追い付いていないと思います。

 🔷

🔷

🔷

おまけ

ドライブクラブでとうとうフェラーリFXXという「マジかよ・・」というくらい速い車をゲットしましたが、案の定ですが運転不可能でした。せいぜい直線飛ばすきらいで全く曲がれないのです。この手のゲームが上手な方がいましたらどうやったら曲がれるのか教えてください・・。

長尾です

今回、一般修理で入庫のe90BMW 325!タペットカバーガスケットからオイル漏れです。

BMWのタペットカバー脱着及びガスケット交換はかなり大変な作業です。実際作業に取り掛かると最後の最後でタペットカバーがなかなか手前に出て来ません。結局取り外しと取り付け時は、他の人に手を借りて外す作業になります。脱着だけでも1時間近く掛かってしまいます。

インジェクターのカプラーも外します。スナップを外すのが大変です。

昔の車でしたらボルト6本ぐらい外せばタペットカバーぐらい外せたはずです。今の車はとにかく複雑!手を入れるスペースまでありません。この作業を2時間で終わらすのは、ほぼ不可能です。

こんな風にバラしていきます。タペットカバーAssy交換ならば、シールの交換作業もありませんし、タペットカバーガスケット交換になってしまうと、シール、ガスケット、ボルト交換の作業が増えてしまいます。今回はガスケット交換の作業のため時間を要する作業になってしまいます。

タペットカバーガスケット交換は、タペットカバーAssy交換をお勧めします!特にBMWの6気筒エンジンは距離、熱、年数にもよりますが、間違いなくタペットカバー本体が歪んでいます!ガスケットだけ交換しても場合によっては歪みのため、また漏れてくる可能性があります。これは、目視で確認はほぼ不可能です。

今回は無事に漏れも止まり、また安全に運転する事が出来ます。

ジャパトレでは、お客様の依頼に応えられる作業を行なっています。

おまけ

お揃いのマフラー🧣作ってくれたよ。

 

 

今日も札幌は良い天気ですが寒いです。

昨日も車両のドレスアップについて触れましたが今日も少し書き込みますね。

ドレスアップで一番にお勧めは足元、タイヤ、ホイールです。チューナーズブランドのホイールが定番ですがお勧めですね。後々のドレスアップの方向性も決めれて予算も決めやすいですね。後はBBS、OZレーシングなどもお勧めですね。ここでHANDAの意見!コピーホイールはお勧めできません!タイヤも自分なりにこだわりが有ります。せっかく輸入車に乗っているのだからタイヤも輸入タイヤでしょう(勝手な意見)国産タイヤで性能の良いタイヤはいっぱいありますけどね。自分レベルでは一般道路での走行で性能の違いはあまり分からないです。輸入タイヤ?というと一般に高価というイメージが有りますが、決してそんな事有りませんよ~ミシュラン、ピレリーといったところがお洒落イメージですかね。

輸入タイヤでもアジアン系のメーカーはお勧めしません。

次回は車種、メーカー別にアップしますね。

春に向けイメージを膨らませて御検討してみてはいかがでしょうか。

輸入車で御困りの方、工場への御質問は電話又はメールで受付けています。

E-mail  s-handa@japan-trading.jp

フロント HANDA

M3ルック

今日の札幌は最高の天気ですよ~

寒いのは変わりませんが。

今日は御客様の大切に乗られている御車を紹介します。

写真の御車、BMW320MスポーツXドライブです。M3仕様にRバンパー、ツインマフラーに交換しました。おしゃれで、かっこいいですね。パーツは社外にて安価で出来ます。

今後はルーフをM3により近づけるためカーボン調のボディーシートを貼る予定です。

3シリーズにお乗り方、お勧めしますよ~

当社も少し前まではこのような仕事が多かったんだけどな~😢

BMWといえばACシュニッツァー、ハルドゲ、アルピナ仕様

BENZといえばAMG、ロリンザー仕様

VWといえばコックス、アプト仕様などなど

車高を少し下げ、マフラーを入れて(車検の通る範囲です)個性的な車両を御客様に提案し喜んで頂いたものです。(自分もうっとりし、一緒に喜んだものです)

最近、走っている輸入車を見てもほとんどがノーマル、少し個性的で自分らしいい車に仕上げたら、よりカーライフが楽しくなると思いますよ~

HANDAは何時でも相談にのれますよ~

輸入車で御困りの方、工場への御質問は電話又はメールで受付けています。

E-mail  s-handa@japan-trading.jp

フロント HANDA

 

小林です

こちらは、ルームランプが点灯しないという修理依頼をされたVWティグアンです。ランプスイッチをONだと点灯しますが、ドアポジションにするとの開閉信号が来てない為点灯しないのでこの先に原因があります。

 

運転席と助手席足元のランプは点灯するので各ドアのドアロックに内蔵のルームランプスイッチは異常無く、BCM(ボディコントロールモジュール)のカプラー一か所に接触不良がありこれが原因で、端子を磨いてカプラーを付け直すと治りました。再発するようだったらBCMの交換が必要です。

 

もう一点の修理依頼ですが、シフトレバーをR、N,Dと切り替えたら変速ショックが大きいという事で点検します。まず、真っ先に考えられるのはオイル漏れで拡大してますが、DSGミッションのオイルフィルターからオイルが漏れているのでオイル量の減少が原因と思われます。フィルターケースのパッキン(Oリング)の交換になります。

 

同時にオイルとフィルターを交換。フィルターは真っ黒です。

オイルは信頼性のある純正品を使い適正油温でオイル量を測りテスターで基本調整し完成です。この後試乗したところ変速はスムーズでショックは無くなり治りました。

 

 

 

森本です

メルセデスベンツw221の空調修理です。リアのヒーターが効かないトラブルです。風は出るのですが温風になりません。フロントのヒーターは効いていてもSクラスのような室内が広くて後部座席が遠く離れている場合は後部に乗る方はこの時期だと寒すぎて大変かと思います。

このクラスになると後部座席には独立した専用のヒーターユニットが付いています。よってヒーターバルブも専用なのです。フェンダー内のこんなところに付いています。

これが後部座席用のヒーターバルブです。暖かくなったクーラントをリア用のヒーターコアに送る水路のオンオフをしています。ダムみたいなものです。これが壊れて閉鎖してしまうとクーラントが循環されずヒーターが効かなくなるということです。小さな丸い部分が2つありますが、これは後部座席もデュアル(左右独立)エアコンということです。今回はこのバルブが動いていませんでした。試しにコンコン叩いたら動き出してヒーターは効き始めました。

叩いてヒーターが効いて「直った!良かったね!」とはいきません(笑) それは一時的なものです。ヒーターバルブの中はこんな感じのピンが入っており、電磁バルブによって上下に動きます。これによってクーラントの水路をダムのように開いたり閉じたりしているのです。画像の中心に黒っぽい部分が見えます。これはクーラントの汚れが付着したもので、こうなってくると動きが渋くなり開いた状態、閉じた状態のどちらかで固着してしまいます。開いた状態で固着するとヒーターが止まらなくなり、夏場にエアコンが効きません。また、閉じた状態で固着すると今回のケースのようにヒーターが効かなくなるのです。

ヒーターバルブも分解して確実に直るもの(アウディなど)と分解できないものがあります。メルセデスベンツの場合は分解不可ですので今回は交換させて頂き修理完了となりました。

🔷

🔷

🔷

おまけ

皆さんは当然ご存じかと思いますが今日は森本の誕生日です。43歳になってしまいました。入社したときは27歳で「うちの若い奴」と会社では言われて来ましたが、もうその呼ばれ方はしません(笑) 確かに今でも社員では一番若いのですが・・・・

 

 

長尾です

カレラ4S車検入庫です。

予防整備を兼ねてファンベルト、テンション、アイドラプーリー交換の様子です。

エンジンルームからは、ベルト関係はほとんど見る事が出来ません。5万㎞走行していますので交換させていただきます。

最近の車は、ベルト廻りは1本のベルトでオルタネーター、エアコン、パワステを全て駆動させています。

ハイブリッド車は、ベルトは使用していません。時代は進化し続けています。僕たち整備士も進化していかなければなりませんね。メカ長尾も年々歳をとって退化してきています(笑)

ベルト交換も無事に済ませて車検完了!ユーザーさんカレラ4Sとエンジョイしてください。

おまけ

お初!ブランドの服買っちゃいました!

高かった〜(驚)

 

もう20日

正月明けも、あっという間に日時が過ぎ、もう20日です。

エンジンは全開なのですが空回りしちゃっているのかな?

今日の工場は1年点検と一般修理の車両が入庫、整備中です。

この後2台車検が入庫してきますよ~

1台はお勧めしているボディーコーティングも施工予定です。

ラスト11日気を引き締め直していきますよ~

輸入車で御困りの方、工場への御質問は電話又はメールで受付けています。

E-mail  s-handa@japan-trading.jp

フロント HANDA

小林です

今回はR50ミニクーパーで、走行中フロント左タイヤを縁石にぶつけてしまい、それから直進なのにハンドルが曲がったままになったという修理依頼で、点検、修理します。

 

これは、フロント右のロアアーム下面を三角定規で当てて見るとほぼ平らに対し・・・

 

右側のロアアームは、隙間ができたのでこの曲がりが原因です。

 

これはロアアームを外したところです。タイロッドや他のアーム類は特に異常はありませんでした。

 

同時にゴムブッシュも交換になります。

 

交換後、試乗するとハンドルは直進状態になり治っているので、最後にアライメント調整して完成です。

この時期、路面は大変滑りますので気を付けて運転してください。

森本です

つい最近、ゴルフ5のハブベアリングを交換したと思ったら今度はメルセデスベンツのGLのハブベアリング交換です。

トホホです。ほんと(;´д`)

欧州車のSUVの足回りはゴツすぎです。とくにベンツ。機関車かよって感じです。何もかもが重いのです。そしてボルトもナットもクソ固いです。(;´д`)

外れました。重い、固いに加えて「錆」のおまけつき。

新品のハブに交換して試運転して終了です。