森本です

車検でお預かりしたフェラーリ458です。ディフェーザーに擦り傷と欠けがあります。ここが擦り傷。この部分は10cmほど欠けています。見えない部分なのですが前々から気になっていた部分です。
う~ん・・・気になって仕方ないです見えない部分なのですが(笑)もう我慢できないので補修です。欠けた部分に当て板をして得意のエポキシで成形。色を合わせて終了。白っぽく見えるのは光っている部分です。パッと見はほとんどわからなくなりました。フェラーリで使われているカバー類は単純なプラスチックではなく、カーボンやFRPの繊維なのです。よって、欠けると「ササクレ状態」になります。非常に脆くなっていますので、ここに水が侵入するとふやけてしまって状態は悪化していきます。今回のように成形や塗装で「蓋」をすることは有効かと思います。