北海道陸運局指定工場

当社の第一使命は、ご購入されたお客様に安心してカーライフを楽しんでいただくことです。 そのために大切なことは「納車整備」です。 ここでの整備では当社独自の納車項目を基本にプラスαの内容を加え、一切妥協することなく整備します。 車検・法定12ヶ月点検はもちろん、趣味性が強いアフターパーツの販売、取り付けなども行いお客様のニーズに合った車輌の制作も行っています。

長尾です

先週、紹介したジャパトレ車検のこんな事‼これは、お客様が大切に乗られているM6の車検でのこんな事です。

ブレーキキャリパーカッコいいですね。ですがブレーキダストで汚れてます。

ホイールの洗浄も、もちろんの事、ブレーキキャリパーも拭き拭きピカピカになりました。

お客様にも喜んでもらえるはずです(笑)

こんな、ちょっとした作業をいつも心がけてジャパトレメカニックは毎日、お客様に感謝を忘れず作業してます。

ジャパトレでは、お客様の用途に合った車検を行なっています。輸入車だけでなく国産車も行っています。お気軽にお問い合わせ下さい。フロントが丁寧にお答えします。

次回は国産車の車検作業の一部を紹介します。

おまけ

休日。家族サービス。

嬉しい悲鳴

今日は朝からタイヤ交換でいっぱい入庫しています。

嬉しい悲鳴ですね。

当社のタイヤ交換は、ただ交換ではありません。

交換時に目視できるブレーキや下からのオイル漏れなども注意深くみます。

問題があれば後日入庫して頂き修理します。

最後は外装洗車、外したホイールを洗浄し、御客様に引き渡しです。

外したタイヤも環境により置く場所が無いユーザー様の為に預かりも行っています。

年に2回有るタイヤ交換、手ぶらで当社に来店頂きコーヒーを飲みながらスタッフとの会話も楽しめますよ~

輸入車で御困りの方、工場への御質問は電話又はメールで受付けています。

E-mail  s-handa@japan-trading.jp

フロント HANDA

小林です

今回もドライブレコーダーですが、S63AMG4マチッククーペに

自社では最高峰になるユピテルの全天球ドライブレコーダー

marumie(マルミエ)Qー01

を取り付けたので紹介します。

 

本体にモニター画面は無く、パソコンで映像・詳細情報を確認します。

 

こちらは、オプションの駐車記録用のマルチバッテリーです。

エンジンをOFFにすると、走行中に充電された内部バッテリーから

の電源供給により駐車記録を行います。車両バッテリーからの電源供給と違い、

バッテリー上がりの心配がありません。最大約12時間まで可能です。

 

専用ビューアソフトで録画した映像を確認します。画像は撮り忘れて前だけですが、

後・左右・上下の全方位を確認することができ、特に側面や後方からの衝突・

イタズラ・盗難を監視することです。

 

高額商品にはなりますが、興味のある方はご連絡をお待ちしております。

 

 

森本です

一昔に流行った社外のHIDバルブです(現在は純正装着が当たり前でキセノンではなくLEDが主流になっていますが)。この社外HIDバルブは今でも活躍していますが、バルブ切れが多くて「長寿命」とは言えない場合がほとんどです。最近、我が家のビートルも社外HIDが切れてしまい妻が激怒し純正のハロゲンに戻しました。ハロゲンは確かにHIDに比べると暗いのですが、雨天など路面が黒い場合は照射が反射して逆に明るく見えたりします。デメリットばかりではないのです。

過去に青々としたHIDを散々取り付けてきましたが、整備士として「安全」ということを考えた時、頻繁にバルブ切れを起こしたり雨天時などが純正のハロゲンよりも見え辛い社外のHIDを取り付けてしまって、本当にそれは良かったのか悪かったのか、お客さんの依頼だから仕方なかったのか・・・・ほんと色々考える部分があります。

車好きにとって、社外パーツの取り付けは楽しみではありますが純正の性能というか安全面で見た目と相反するような、デメリットになるパーツもあるということです。パーツを売る側、取り付けて商売する人間ですが、今後は安全面に影響するようなパーツに関しては具体的な説明をして理解して頂けるような努力が必要だと思いました。

長尾です

4月に入って車検が続々と入庫しています。車業界で俗に言う繁忙期です。メカニックは毎日大忙しです(汗)。ジャパトレではお客様に感謝し、1台1台丁寧な作業をしています。タイヤ交換も台数が増えて来ています。さて、ちょっとだけ豆知識!タイヤのこの数字はなんでしょう?

はい!森本くん!

それはタイヤの製造年月日です。大正解です(笑)流石‼ジャパトレ‼メカニック👨‍🔧‼みなさんのタイヤ大丈夫ですか?確認してみて下さい。年数が経つとゴムは劣化、バーストといった危険にさらされます。タイヤの事でも、何か車で気になる事のある方いつでもジャパトレにご連絡ください!

ジャパトレの車検時にこんな丁寧な作業しています。ホイールの洗浄です。輸入車のブレーキダストは凄いものでホイールは真っ黒ですよね!

ビフォー!

アフター!

当然、無料です(笑)

毎日、丁寧な作業を行なってます。来週も車検作業のこんな事、お伝えします。

ジャパトレ車検に興味を持ってくれた方、是非!お電話や来店下さい。フロントが丁寧に受付します。

おまけ

愛娘、4月12日 ゆずき2歳の誕生日。プレゼント🎁

もう4月も中旬

あっという間に前半終了です。

工場は冬眠より目覚めたスーパーカーが多数入庫中で点検の順番を待っています。

タイヤ交換の車両もピークを迎え工場は大忙しです。

GWも近づきました。

早めの点検整備をお勧めしますよ~

輸入車で御困りの方、工場への御質問は電話又はメールで受付けています。

E-mail   s-handa@japan-trading.jp

フロント HANDA

小林です

こちらは、お客様に新車でご購入して頂いたアルファロメオ

ジュリア ヴェローチェです。

 

ご希望により、クアドリフォリオ用19インチホイールとタイヤセットで

取り付けました。

 

空気圧センサーも新品で、前後、左右のホイールに付けるセンサーを決めて、

テスターで各センサーのID番号を登録します。

 

少し走行すると、空気圧は正常に表示されます。

前回紹介した、当社でお薦めしているお手頃な価格で、高機能なユピテルの

ドライブレコーダーDRY-ST1500Cを取り付け。

 

こちらは、GPSデータとレーダー波で対策するユピテルのA-120

レーダー探知機も一緒に取り付けています。

 

森本です

メルセデスベンツをお乗りの方で、こんな方はいませんか?

⚪乗り降りする度にシートを後方へ動かす。

⚪乗り込んだら前方へまた動かす。

⚪助手席にパワーシートの操作がわからない人を乗せた時にシートを動かす為に「ウリャーッ~!!」と運転席から助手席パワーシートスイッチに手を伸ばす。

そんな悩みはもう必要ないんです!!
これで全て解決するんです!

ご紹介するのはアウトバーンジャパン製のベンツ専用シートコントローラーです!! なんか深夜のテレビショッピングみたいですが。

取り付けたら3つあるパワーシートメモリーのうち、1と2を設定。3は降車する位置(下がる位置)に設定します。ドアを開けると3の位置へ、ドアを閉めると1または2の位置へ自動で合わせします。
また、何と何と!! 運転席側のシート・コントロールで助手席シートを動かせます。これにより、操作の分からない子供や女性が乗っていても助手席後部座席に人を乗せる時に助手席シートを前方へ動かす際にも、運転席から助手席を動かせるのでメチャクチャ便利な機能なんです。これはSクラスのみ標準装備されている機能ですが、それが可能になるんです!

それが!!

シートコントローラー!!
今から30分以内にお電話ください!・・・・・というのは冗談で、気になる方は担当営業またはフロントまでお問い合わせください。車種により工賃が変わります。

森本、ちょっと何言ってるかわからないという方ために動画を撮ってみました。

これがドア開閉の時のシートの動き。ドアを開けると通常はイージーエントリーONでもハンドルしか上がりませんが、コントローラーによってシートも後ろへ下がるようになります。そして閉めると前方へ動きハンドルも下がります。

これが運転席から助手席を動かした時の動き。運転席のメモリーボタンの③を押すと「ピン!!」と音が鳴り運転席のシートスイッチで助手席を動かせます。

これがシートコントローラー!!


画像のようなアクセスプレートがある場合は楽なのですが、無い場合はドア内張りを外す必要があります。


取り付けは前回にチラッと書いたCAN信号を使います。間違えると結構シャレにならないことが起こります(笑) 自分で作業されている方がいますが、実は配線を間違えると・・・・私は自分で取り付けるのはお勧めしません。

対応車種が多く、以下の車両に適合します。

 A(W176)、B(W246)、C(W204)、E(W212)、Eクーペ(W207)GLK(X204)、CLS(W218)、SLK(R172)M(W166)GL(X166)、G(W463)12y/8~、SL(R231)CLA(C117)GLA(X156)、NEW Cクラス(W205) 

※助手席に運転席と同じようなパワーシートスイッチが付いている事が条件となります。

 

気になる方はお気軽にフロントまでお問い合わせください。

 

 

長尾です

今回はよく見かけるBMWの6気筒エンジンのオイル漏れです。

タペットカバーガスケットから漏れるのは鉄板みたいに感じます。

しかし、6気筒エンジンに関しては、ガスケット交換だけでは漏れは治らない事が良くあります‼原因はタペットカバー本体が熱による劣化と歪みが考えられます。ジャパトレでもかなりの確率でタペットカバー交換をしています(涙)

タペットカバー本体も9万円くらいしますし、交換工賃を入れると10万円を楽に超えてしまいます。6気筒エンジンのユーザーさん達は、ちょっと知っておいて下さい!もし、自分で漏れを確認されたら、交換作業を何度も行っているジャパトレまで(笑)。

次はバッテリーのお話しです。

これ?何の数字か分かりますか❓実は製造年月日です。例えば下の数字09は2009年の事なんです。みなさんもバッテリーの年月日を簡単に確認出来ますので、是非!確認してみては?

もし、古いバッテリーが付いていたら、交換をお勧めします。購入や交換もジャパトレにご連絡ください。ベテラン揃いのメカニックが👨‍🔧対応させて頂きます。

車検、12検、一般修理で気になっている「あなた」一度ジャパトレに‼親切、丁寧にフロントがお答えします。

おまけ

ファイターズ連勝‼

あずきも応援中📣

スタートダッシュ失敗

1週目が終わりましたが前回書いたスタートダッシュに失敗しました。

中速からの驚異的な加速で挽回しますよ~ターボ全開です。

それでも工場はこの時期の仕事としてタイヤ交換で込み合っています。目覚めたスーパーカーの入庫も点検、車検で入って来ています。

でも予算達成とは中々いきませんね。ここがフロントの頭の痛い所です。

新規のユーザーさんも少しずつですが増えてきています。会話も楽しいですよ~

2週目はさらなる新規ユーザーさんの来店をお待ちしています。

輸入車で御困りの方、工場への御質問は電話又はメールで受付けています。

E-mail  s-handa@japan-trading.jp

フロント HANDA